< TRONSHOW
TRON SYMPOSIUM
2017 TRON Symposium
会場:東京ミッドタウン ホール[Midtown East B1F]
会期:2017年12月13日(水)〜15日(金)
2017 TRON Symposium -TRONSHOW-「来場者事前登録」受付中!
2O17 TRON Symposiumのご紹介

TRONプロジェクトは、「どこでもコンピュータ」─IoT (Internet of Things)、ユビキタス・コンピューティング環境の実現に向けた総合プロジェクトです。 OPEN IoTを実現するための基礎技術、開発環境の最新の成果、さまざまな問題解決のためにIoTをどう活用するのか、更にはIoS (Internet of Services)に向けての取組もご紹介します。今年も、IEEE Consumer Electronics Societyの技術協賛をうけ、組込みシステムやユビキタス・コンピューティング、IoTなどの最先端の研究発表を行います。


OPEN IoTシステム展

IoTを実現するための組込みシステムやクラウドシステムを展示。組込みシステムに必要なRTOS(ITRON, T-Kernel)やミドルウェア、開発環境、応用事例などをすべてみせます。OPEN IoTを実現するためのセンサーノードやネットワーク制御システム、ビッグデータ解析支援ツール、オープンデータ化支援ツール、端末、ソリューション、それらの適用事例やビジネス事例などを展示します。

2020年に向けた社会全体のICT化推進パビリオン

2020年に開催される「東京オリンピック・パラリンピック」はICTに関わるサービスやインフラの高度化を図り、世界に日本のICTを発信する最高のチャンスとして期待されています。本パビリオンでは2020 年に向けた社会全体のICT化で進めているサービスや都市の高度化などの展示をします。

公共交通オープンデータパビリオン

公共交通関連情報のオープンデータを推進するために公共交通事業者およびICT関係事業者により先進的な次世代公共交通サービスの構築、標準プラットフォームの研究開発、公共交通政策への提言を行っています。本パビリオンではこれらの活動や、公共交通オープンデータをフルに活用した、2020年以後の未来の公共交通情報のあり方を展示します。

IoT-Aggregator×IoT-Engineパビリオン

IoT-Aggregatorは「アグリゲート・コンピューティング」を実現するためのプラットフォームです。オープンIoT環境の中でのサービス発見、サービス連携、アクセスコントロールを行います。一方、IoT-Engineは、世界各国の半導体メーカと進めているIoT機器開発のための標準開発環境です。本パビリオンでは、IoT-Aggregatorの最新環境や各社のIoT-Engineを展示します。

ツアー

スタッフが展示の見どころをツアー形式でご案内します。。