<TRONSHOW
TRON SYMPOSIUM

TEPS

TRONイネーブルウェアシンポジウム

TEPS 29th

「おもてなしとイネーブルウェア」

日 時 2016年12月17日(土)
13:30~16:30
会 場 東京ミッドタウン カンファレンス[Room7][マップ
東京都港区赤坂9-7-2[アクセス
(Midtown Tower 4F)[タウン・ナビゲーション
主 催 トロンフォーラム
TRONイネーブルウェア研究会
共 催 東京大学大学院情報学環 ユビキタス情報社会基盤研究センター
特別協賛 富士通株式会社
参加費 無料(要参加申込

2020 年東京五輪・パラリンピック大会には、言葉や習慣や宗教が異なるだけでなく、さまざまな身体状態を持つ人たちが世界中から来日します。TRONプロジェクトでは、長年にわたる研究開発の集大成の一つとして、2020 年に向けて“おもてなしクラウドプラットフォーム”OPaaS.io の構築を進めています。たとえば道案内する場合、身体属性にあわせて、車椅子利用者には段差のない経路を案内し、視覚障碍者には点字ブロックのある経路を案内できます。

今年のTEPSには、利用者の立場からアテネパラリンピック銅メダリストの杉内周作氏とJTUパラトライアスロン代表チームの富川理充ヘッドコーチにお話しいただきます。パネルセッションをとおして、2020年のよりよい“おもてなし”実現のために、何が求められているのか、何を実現しなければいけないのかを論じていきます。

プログラム(予定)

13:00 受付開始
13:30~14:30

基調講演 「おもてなしとイネーブルウェア」
坂村 健
(TRONイネーブルウェア研究会会長/東京大学大学院情報学環教授/YRPユビキタス・ネットワーキング研究所所長)

14:30~14:50 休憩
14:50~16:30

パネルセッション

登壇者:
杉内 周作〈富士通株式会社/アテネパラリンピック競泳(視覚障害)銅メダリスト〉
富川 理充〈専修大学 准教授/公益社団法人 日本トライアスロン連合(JTU) パラリンピック対策チーム リーダー〉
坂村 健

16:30 閉会